2005年11月09日

カー・オブ・ザ・イヤーはマツダロードスター



MAZDA.jpg去年はHONDALEGENDそして今年はMAZDAROADSTAR・・・まるで日本経済の「底上げ」「踊場経済からの脱却」を印象付けるようなカー・オブ・ザ・イヤーの選び方だ。でも、よ〜く考えて見てください。僕を含めた庶民の周りでLEGENDやLOADSTARに乗っている人がいますか?街中で見かけますか?受賞理由を知りたいけれど、「アクセス集中により表示出来ません」だって。ふざけてるよね。発表すればアクセスが集中することくらい分かってるのに。だいたい今日発表するくらいなら、モーターショウのフィナーレで発表するとか、もうちょっと気を利かせて欲しかったな。
さて、それではカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したMAZDAROADSTARの僕なりの感想。
スタイリングは悪くないかな、まぁかなり前から知ってたので、「想定の範囲内」ってとこ。問題はエンジン。当初北米で新しいMX-5 Miata(ロードスター)ロータリーエンジンを搭載するのではないかといううわさになり、全国いや、全世界のロータリーファンが両手を挙げて喜んだのに、ふたを開けてみれば・・・である。兎に角納得がいかん!!もうひとつ!別売りのハードトップが相変わらず高いし重い。イギリスでは3分の1がハードトップを選択しているし、ライバルになるであろうヨーロッパ車はもっとお洒落で軽いハードトップを作っている。そこら辺の遊び心が日本車はまだまだなんだよね。まぁ、期待してこそのコメントなんだけど、モーターショウ(日本シリーズのついでに見てきました)でも担当の人に思いっきり言ってきました。
因みに、特別賞は個人的には全く興味が無い(あんな車作るな)シビックと、モデルチェンジし過ぎて名前を変えたほうがよかったSUZUKISWIFT(結構、前のモデルも北国の人には好評だった)。輸入車部門はだだっ広く(かっこよく言うとwide&low)なってしまったBMW3シリーズ


posted by ちゅう at 22:57| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。