2006年01月07日

堂本さん、まだやるの?

 去年の千葉ロッテMarinesの優勝パレードで選手以上に目立つ”黄色”のスーツを着ていた堂本さん。やっぱりまだやる気なんだ。
まさか、「TEAM26」の会員番号”1”とかにならないでしょうね(どっちにしても最初の100番くらいまではもう決まってるんでしょうけど)。

前回の選挙では、どこかの”青春バカ”に肉迫されたくせして、
未練がましいねぇ〜。
「天命としてやることがあれば、無理に引き下がるつもりはない」
だって。無理してる。
結局「三番瀬」ってどうなったの?
たぶん、千葉テレビなんかじゃやったんでしょうけど。
このままじゃいつまでたっても”千葉都民”は減りませんよ。

せめて、全国版のニュースに載るような事を年に一回くらいして下さいね。
応援してますよ。

-----------------------------

「無理に引き下がらず」 知事、3選に含み

 堂本暁子知事(73)は5日の定例記者会見で次期知事選に触れ、「天命としてやることがあれば、無理に引き下がるつもりはない」と述べた。昨年3月に再選された堂本知事はこれまで、自身の任期について「2期8年がのぞましい」と米大統領の任期になぞらえており、今期での引退は既定路線とみられていた。
 堂本知事が3期目について言及したのはこれが初めて。
 05年の知事選で土壇場まで独自候補の擁立を目指しながら、結局は断念。無所属で出馬した元衆院議員の森田健作氏(56)を支援するという形で臨んだ自民党県連は「06年度中に次期知事選に出馬する候補を決める」としているが、堂本知事は「それ(自民党の動き)は関係ない」と語った。
 堂本知事は、この日の会見でこれまで県住宅供給公社や千葉都市モノレールの再建など「負の遺産整理」に時間が費やされたことを挙げ、「前向きに何かができるようになるには、1年、2年……5年という歳月がかかる。これからが千葉にとって大事になる」と述べた。
 堂本知事はさらに「3期目をもしかしたらやるのか」と問われると、首を上下に動かしてうなずき、「『もしかしたら』ではなくて、仕事が残っていれば途中で投げ出すようなことはしない」と明言した。

-----------------------asahi.comより
posted by ちゅう at 20:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。