2006年01月25日

ママの神様

室井佑月さんが3月に新刊『ママの神様』を出版する予定みたいで、現在ゲラ直しをしている最中だそうです。皆さん、是非買って下さいね。この小説は「親への愛も、子への愛も、異性への愛も、照れずに書いている。」泥臭い作品になっているみたいです。僕も読ませて頂きますョ。

え〜、一通りの宣伝が終わったところですが、室井さん、こんな感じで宜しかったでしょうか?

今回のタイトルは、<小説に使いたい会話>です。

室井さんは、昔好きだった人(付き合ってたのかなぁ)とお酒を飲む機会があったそうです。何とも羨ましい限りですね。あっしにゃ〜そんな経験ありませんよ。女性と二人でお酒を飲んだ記憶も、はてさて何時の事だったやら。

で、その彼との別れ際で”小説に使いたい会話”に出くわしたらしい。室井さんは、自分がその台詞を使えなかった事を悔やしがってるみたい。

いいじゃないの。そんな素敵な場面に出会えただけでも。
やっぱり、作家さんと凡人とはこういう所から違うんでしょうね。僕が小説に出てきそうな場面に遭遇したのは遥か彼方、遠い昔の事です。

でも大丈夫。絶対今年は劇的な一年にしてみせますから。

----------------詳しくは、『室井佑月blog』を見てね。
posted by ちゅう at 20:22| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 室井佑月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。