2006年01月28日

爪のあかでも煎じて飲みたい

 マイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏が結核撲滅に9億ドル・約1050億円を寄付するそうです。すごいですねぇ〜。日本人とは桁が違いますね。千分の一、いや一万分の一でいいので見習って欲しい物です。

 日本人は「ボランティア」というと、本当に無償で何でもやるイメージですが、本来はこうやって寄付をする人がいてその寄付でボランティアを運営しているんです。

 ですから、日本の場合は体を動かす人はいても、寄付をしてくれる人がいないんです。アメリカでは”寄付”はお金持ちのステイタスでもあるんです。

 日本のお金持ちの皆さん、そしてご立派な先生方。どうか有意義なお金の使い方を考えた下さい。

--------------------------------------------

ビル・ゲイツ氏、結核撲滅へ1000億円寄付
 ソフトウエア世界最大手、米マイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏は27日、結核撲滅のための研究支援資金として、9億ドル(約1050億円)を寄付することを明らかにした。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が同日伝えた。
 ゲイツ会長夫妻が運営する「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」が寄付する予定で、2015年までに1400万人の生命を救い、5000万人に治療を施す計画という。
 ゲイツ会長夫妻は、基金を通した慈善事業を評価され、昨年末、米誌タイムの「今年の人」に選ばれた。

------------------
NIKKEI NETより
posted by ちゅう at 21:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でんきけい

でんきけい・・・電気系、電気系統。電気に係るトラブルなので
        ドライバーの責任ではないの意。鈴木亜久里の
        座右の銘。 例文:「今日もリタイアしちゃい
        ましたね」「電気系がトラブっちゃって」

 SUPER AGURI FORMULA 1の参加が正式に承認されましたが、果たして3年落ちのマシンで”走るお荷物”になったりしないだろうか。第6戦あたりからnewマシンを投入する予定らしいが、どうなんでしょうね。「入賞」なんてことより、「完走」する事が目標になりそう。

 純粋に琢磨のことを応援する人や”純日本”チームに想いを馳せる人も多いでしょうけれど、期待し過ぎは禁物。リタイアする度に「どうしたんですか」「何があったんですか」なんて事を監督に向かって無神経に聞いちゃうと、そのうちに「でんきけい」って言い始めちゃいますョ。

 あの「世界のTOYOTA」でさえも結果を出すのに4年かかってるんです(05年のチームランキングは4位)。プライベートチームがポイントを獲得するのは、かなり難しいと思います。おそらく、マシンの性能は去年のJORDANやMINARDIより下でしょう。

 お願いですから、半年後には手のひらを返したようにバッシングをするようなまねはしないで下さい。そして亜久里や琢磨だけでなく、これから決まるであろう2ndドライバーのことも応援してあげて下さい。

「底辺拡大を」 鈴木亜久里氏が会見、F1参戦承認で

チームアグリ「青」シグナル…FIAが正式承認
posted by ちゅう at 01:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。