2006年03月02日

火中の栗を拾うのは誰?

メール問題、自民が公開質問状 民主国対委員長選び難航

自民党から民主党に公開質問状が出されるなんて、与党と野党とやることが逆転しちゃいましたね。
ただ、自民党の質問内容も尤もで、昨日の謝罪会見が全く納得いかない内容であった理由がそのまま質問されていますね。
特に武部幹事長と二男に対する謝罪は記者に質問されて初めて口にしたので、永田議員に最も反省してもらいたい部分でもあるのでしょう。
それとも永田くん、与党の一流代議士さんみたいに病院に雲隠れしちゃったもんだから、「居直り」するのも与党のマネてしみたのかな。

民主、党内立て直し進まず 求心力弱まる執行部

民主党はもう、ノーガードで殴られっぱなし状態ですね。
でも、国会って6月18日まであるんですよ。
あと3ヶ月半どうするんでしょうか?
しかし、前原さんはどうしたら「晴れやかな気分」になれるんですかね。
まだ何も決着がついた訳でもないのに。
それとも、野田さんの首を切ったのが「晴れやか」だったの?
後任の国対委員長は誰もなりたがらないし、鳩山さんはもう、ふてくされて「代表以外はみんな辞めちゃえ」ってなモードに入っちゃってるるみたいだし。
この先、誰がどう収拾を着けるんでしょうかね。
小沢さん待望論が湧き出ているみたいですけど、「小沢代表」が実現した時は民主党は”The end”だと思いますよ。
二度と若手が台頭できなくなってしまうでしょうからね。

今回の騒動を「中堅・若手議員の身勝手な暴走」で終わらせる事の無いように、民主党全体として、管さんや小沢さんらにもきちんと対応してもらいたいものですね。
posted by ちゅう at 09:27| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(10) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。