2006年04月23日

「壁」やら「借金」やら

マリーンズ1−4x日ハム

今日の康介は好投だったんでしょうか?
確かに課題のフォアボールは2つだけだったし、5回2/3を6安打4失点とそこそこの内容に見えますが、僕はまだ不安が拭えません。

おそらく守っている選手も康介に対しては「不安」や「あきらめ」のきもちが大きくて、2回にセギノールと新庄に2発くらって「今日も駄目かな」と思い始めてしまい、3回に簡単に追加点を許してしまった時点で「今日もか」と思ってしまったんでしょう。

打線も相変わらず淡白で結局中4日の江尻を打ち崩すことが出来ず、6回1/3、85球で降板します。
よく「歯車が合わない」なんて言いますが、今日は正にその典型ですね。

今の康介だと、次回の登板があったとしても、打線が先取点をとって爆発してくれない限り勝つのは難しそうです。
技術的なことではなくて選手間の「信頼関係」だと思います。

浦和では成瀬くんが好投したみたいだし、そろそろかなぁ。

ところで、福浦の怪我の具合が気になります。
大事を取っての休養でしょうが、ただいま絶好調(というより福浦以外打てそうな選手がいない)なので、1日も早く帰ってきて欲しいですね。
posted by ちゅう at 18:19| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(19) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹島問題、「合意」と言う名の妥協はいつまで許されるのか

竹島問題、日韓が合意 日本は海洋調査中止

一時は決裂寸前も、竹島日韓合意は「痛み分け」

竹島問題:衝突回避 土壇場一転決着

こんなんで本当に良かったんでしょうか?

結局、竹島は誰の物なの

外務省のお役人は大手を振って韓国から帰ってくるつもりでしょうけど、今なのは成果とは認められないでしょう。

うやむやにして先送りしたいのでしょうが、それが韓国に既成事実を作られ、いいようにやられている原因なんじゃないですか?

6月になって「やっぱり会議で提案します」なんて言われても知らないよ。
韓国のことだから、やりかねないでしょ。

今回はとにかく調査しちゃえば良かったんじゃないの。
日本は何も悪いことはしてないんだし、それで韓国が仕掛けてきても、日本には非はない訳だし。

韓国だって、いざとなったら何も出来ないでしょう。

金輪際、国際社会での妥協はしないでくださいね。
posted by ちゅう at 07:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(13) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。