2006年05月31日

とっても疲れた延長負け

マリーンズ7ー9スワローズ

乱打戦となった今日の試合、結局は延長の末最後はリグスにツーランを打たれて負けてしまいました。

そういやぁ、昨日9回ツーアウトからホームランを打たれたのもリグスでしたっけ。
やっぱり、余計なホームランなんて打たれなきゃ良かったですね。

試合経過は置いときまして、今日出場した投手陣についてそれぞれ書いてみたいと思います。

まずは、先発の成瀬
ボール1〜2個分コントロールが甘いです。
もう一度ファームでコントロールを磨き直しましょう。
今日のような投球内容では、1軍では決して通用しません。
まずい守備に足を引っ張られましたが、それ以上に君のコントロールは甘かった。
1点差に詰め寄った4回も、ツーアウトから飯原に簡単にタイムリーを打たれてしまったあたりは、先発ピッチャーとしては失格です。
でも、替わりに上げるピッチャーもいないんだよね。

2番手、プロ初登板の相原
替わりっぱなのラロッカにデッドボールを与えてしまい、その後は動揺が隠せず、あれよあれよの3失点。
ほろ苦いデビューとなってしまいました。
執行猶予期間中といったところでしょうか。
次回はきちっと抑えましょう。
今日のようなピッチングが続けば、内君あたりが直ぐにまた呼ばれるでしょう。

3番手、小宮山様
あなたは素晴らし過ぎます。
沈滞しきったチームにリズムを作り、2回を完璧に抑えてくれました。
出来れば今日は逆転をし、あなたをお立ち台にあがらせたかったです。
今日、打たれてしまった成瀬や相原、2軍落ちしてしまった内や川崎に「投球たるは何ぞや」と言うことを教えて上げて下さい。
これに腐らず、頑張って下さい。

4番手、防波堤殿
お疲れの中、2イニングの投球ご苦労様でした。
出来れば、今日の様な省エネピッチングを常に心がけて下さい。
明日は、見方が大量点を取って休めるように期待しましょう。

5番手、藤田
まぁ、しょうがないですね。
次、頑張って下さい。(短)

6番手、ミラー
3球で試合をぶちこわさないように。
薮田が10日で帰って来るでしょうから、それまでは余計なことはしないように。

今日は、とても嫌な負け方をしてしまったので、明日は久保がきっちり抑えて連敗は阻止して欲しいですね。
posted by ちゅう at 23:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(26) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際親善試合、ドイツ戦は引き分け

日本2−2ドイツ

サッカー日本代表、ドイツと2―2の引き分け

日本、ドイツと引き分ける…サッカー国際親善試合

ドイツ相手に引き分けたと言うことで、概ね「善戦」との見方が多いようだけれども、W杯本番直前の試合だけに、相手に関係なくきっちり勝ってもらいたかったですね。

得点をした高原は素晴らしかったけど、途中出場の大黒が勝ち越し点を取れなかったのが残念。
ただ、あのレーマンから2得点を挙げられたことは大きいですね。

DFは、2点のリードを25分間守りきれなかったことは大きな課題でしょう。
特に、2点ともセットプレーからの失点。
W杯でも、当然ここをつかれるでしょう。

もう、善戦は必要ないんです。
そうです、日本代表も「やるしかないねん」です。
posted by ちゅう at 08:02| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(62) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

ヤクルトに完勝も、ちょっと不安

マリーンズ8x−1スワローズ

交流戦天王山の初戦、まずはいいかたちで先勝。
・・と言いたいですが、ちょっと不満&不安の残る試合でした。

まずは打線ですが、1回・2回とさい先よく得点しますが、3回以降追加点がなかなか取れず。
結局、毎回の16安打で8得点。
何気に、ベニーと幸一がノーヒット。
そして、得点より多い10残塁。

今日の晋吾には十分すぎる得点でしたが、明日以降のことを考えると、もう少し得点しても良かったと思います。

個人的には、サブローが初回の2塁打で調子を取り戻して欲しかったんですけども、予想に反してヴァルが3安打しちゃうとは・・何とも複雑です。

さて、今日の晋吾ですが9回を102球5安打1失点の完投とほぼ完璧な内容でした。
でも、9回ツーアウトからリグスに打たれたホームランは本当に余計でした。
晋吾自身「僕らしいと言えば、僕らしい」と言ってましたが、明日からのことを考えても、あそこはスワローズの息の根を止めておいて欲しかったですね。

ところで、薮田と康介が登録抹消。
薮田は右肩痛だそうで、WBCからの疲れが出てしまったんでしょう。
チームにとってはとても痛い戦線離脱ですが、無理せずゆっくり直してもらいたいですね。

替わって浦和から相原が昇格。
ファームでは11試合に登板して防御率が1.10だそうなので、1軍でも気負わず頑張って欲しいですね。

康介は讀賣戦ではいい働きをしていたのですが、こちらも肩に違和感を感じたそうです。
貴重な左腕の中継ぎなので残念ですね。

明日は天気の良い中で、成瀬が初めて投げます。
今度こそ、低めにきっちり集めて、燕打線を押さえ込んでもらいましょう。
posted by ちゅう at 23:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(31) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14歳の少年がフィッシングで書類送検

14歳、フィッシング容疑で書類送検 未成年者立件は初

14歳少年がフィッシングの疑い、警視庁近く書類送検

NHKのニュースで、この餓鬼の作ったサイトを見たけど、ちょっと考えれば、ビルダーで作った”それ”と判りそうなものでした。

それでも引っ掛かっちゃう馬鹿もいるんですねぇ。
高齢者の”オレオレ詐欺”のこと、言ってられないんじゃないの?

しかし、この阿呆「少女にわいせつな画像を送ることなども要求していた」そうなので、かなり悪質。
出来心でやったでは済まされないでしょう。
これはもう、立派な犯罪。

でも、この餓鬼にどういうお仕置きをすればいいんでしょうね。
posted by ちゅう at 12:40| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(9) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

オールスター、中間発表

本日、2006サンヨーオールスターゲームのファン投票の中間発表がされました。
詳しくはこちら

今のところ、1位になっているマリーンズの選手は
藤田宗一(中継)
小林雅英(抑え)
里崎智也(捕手)
堀 幸一(二塁手)
今江敏晃(三塁手)
です。
渡辺俊介(先発)
福浦和也(一塁手)
西岡 剛(遊撃手)
も2位に着けています。
おそらく、この8選手は当確でしょう。
この他にも、直行・宏之・薮田あたりも選出される可能性がありますね。

個人的には、外野手で大松に出場して欲しいですけどもね。

セ・リーグでは阪神の選手が先発投手以外の全ての部門で1位(外野手部門は1〜3位を独占)になってます。

それならば、(マリーンズ+松坂+SHINJO+松中)VS(阪神+憲伸)でいいじゃん。
オールスターなんて必要なくなっちゃうんじゃないの!?

大松は球団別のリストにも載ってないんですけども、是非1票入れて下さい!
(因に、大松の背番号は10です)
posted by ちゅう at 19:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(9) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パチンコは「遊戯」なのか?

パチンコ店駐車場の車内で乳児死亡 遊戯の両親立件へ

パチンコ中、車内の乳児死亡…両親「買い物」とウソ

休日に、開店と同時に来店していたってことは、その数時間前から来ていた可能性が高い。

僕がバイトしているコンビニの隣のパチンコ店は、日曜の朝ともなると7時前から並んでいる人がいる。
おそらく、この夫婦もその類いだろう。
つまり、死亡した赤ん坊は車の中に6時間どころか、それ以上の時間いさせられたことになる。
これが赤ん坊に取ってどれだけ大変なことかは容易に判るだろう。

もうそろそろ、パチンコは「遊戯」では無く、立派なギャンブルであることを国も認めて、きちっと対策をとらなければいけないだろう。

パチンコは何も若い人間だけの問題ではない。
年金生活をしている老人がパチンコにはまってしまい、借金を重ねてしまうケースもある。

「5万円つぎ込んで10万円儲けた」などと言うことが当たり前になってしまうと、まともに働くことが出来なくなるのも当然だ。

パチンコが一大産業に成長してしまったので、いまさら規制しにくいのだろうが、それもこれもセンセイ方やお役人が悪いだけ。

ニートや少子化の問題も実はパチンコが無関係ではないことをしっかりと認識して頂きたい.。
posted by ちゅう at 09:15| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

讀賣粉砕、3連勝

マリーンズ7−3讀賣

やはり、今年の俊介は良くありませんね。
今日も6回を9安打3失点。
特に、スンに2安打1本塁打はいただけません。
何か、立ち直るきっかけを掴んで欲しいのですが、未だに「サブマリン浮上せず」ですね。

さて、試合内容が3本の本塁打で決めてしまったので、あまり納得の行く勝ち方ではありませんが、讀賣相手の3連勝なのでよしとしましょう。

今日はマサが3者凡退。
次が怖いです。

火曜日からは東京ヤクルトとの「交流戦首位決戦」です。
小宮山VS古田は今年も観られるのでしょうか。
posted by ちゅう at 21:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(32) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

やるしかないねん

マリーンズ6−4讀賣

今日もNHKの中継があったので、試合内容は省略します。
(今日こそは全国中継だよね?)

今日の勝因の一つは、康介が7・8回をぴしゃりと抑えてくれたことでしょう。
康介は、ショートイニングをのびのび投げるのが合ってるのかもしれません。
貴重な左の中継ぎに成長して欲しいですね。

そして、何と言っても今日の勝敗を分けたのは、9回裏にノーアウトのランナーを牽制で刺されてしまった讀賣と、10回表にノーアウトのランナーをきっちり返すことが出来たマリーンズの差でしょう。

西岡と根元もすごかったけど、福浦はすご過ぎ。

本来ならば、ミスをしたチームが負けるものなんですが、今日はマリーンズの犯したミスよりも、讀賣の継投ミスの方が大きかったと言うことでしょうか。

さて、今日の直行ですが、ベニーの拙い守備から同点に追いつかれてしまうのですが、エースたるもの、あそこはピシャリと抑えなければいけません。
あの場面こそ「やるしかないねん」です。
さらに、スンに特大の勝ち越しホームランを浴びるなんて・・
最低最悪です。
球数も、6回で118球は多過ぎです。
せめて、7回を100球程度にしましょう。

讀賣の明日(28日)の先発予想は高橋尚成のようです。

また、ヴァル出すの?
posted by ちゅう at 21:47| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(32) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

JPを打ち崩してまずは1勝

マリーンズ7−2讀賣

昨日サトがヒーローインタビューで「讀賣をこてんぱんに叩きますっ」なんて余計なことを言っていたんで、いや〜な展開にならなければいいなと心配していましたが、今日はすばらしい試合内容でした。

今日は日テレで全国中継されていたので、試合経過はパスします。

今日の勝因は、初回に西岡が足でかき回し2盗・3盗を決め、福浦のサードゴロで先制したことでしょう。
結果的にはその裏に同点にされてしまいますが、パウエルのリズムを崩すには、いい攻撃だったと思います。

そして、3回の大松の3ランホームラン。
素晴らし過ぎです。

5回の満塁のピンチ(?)も福浦がきっちりとタイムリー。
続く大松のファーストゴロもスンがチョンボしてくれました。

久々の大量点です。

投げては、宏之が散発の5安打、1失点に抑えます。
途中出場の鈴木にだけはタイミングが合ってたみたいで、2安打1本塁打されますが、それ以外はほぼ完璧と言ってもいいでしょう。

明日は直行VS工藤でしょうか。
直行には前回のような粘り強いピッチングを期待しましょう。

明日は工藤なので右打線になるんでしょうけど、ヴァルは出さないでね。
posted by ちゅう at 22:34| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(32) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対阪神戦を観戦して

一昨日(24日)の試合に、阪神ファンの友人とマリンスタジアムで観戦してました。
今回は友人の顔を立てて、3塁側で阪神ファンに囲まれながらひっそりと応援していました。しかし、なんだか周りの阪神ファンを観ていて、がっかりしたというか、憤りを感じたというか、野球を観にきてるんだか、騒ぎにきてるんだか、とにかく「阪神ファンなら何をやっても許される」的な行動・言動があまりにも多く、個人的には途中で帰りたい気分でした。

実は、僕も数年前までは阪神ファンでしたし、今でもセ・リーグでは阪神を応援しています。
以前から、熱狂的なファンが多かったのですが、「星野・阪神」が優勝したあたりから「暴走」が止まらなくなっているような気がします。

特に、今年の交流戦では去年の日本シリーズの”怨念”みたいなものを感じ、3塁側は異様な雰囲気でした。
ストライクひとつ取る度に鬼の首を取ったかのような騒ぎよう。
3回に能見が満塁のピンチから3者三振にした時はまるで優勝したかのような「能見コール」
そして、5回の裏2死満塁でサトがバッターボックスに入った時に3塁側から「あと一人コール」「あと一球コール」が起こったのです。
この時ばかりは呆れてしまいました。

確かに、あの雨の状態では5回が成立した時点でコールドゲームになる可能性は高かったかもしれません。
しかし、あそこであのコールをする行為は、相手のチームを応援している人にも失礼ですし、何よりもグラウンドで戦っている選手達に失礼です。

雨で中断している時も騒ぎまくる阪神ファン。

静かに見守っているマリーンズファンを観て僕の友人が「なんで騒がないの?」だって。
何しにきてるんだろうね。
挙げ句の果てには僕に”六甲おろし”を強要するし。

もう、阪神戦を見に行く気にはなれませんね。

マリーンズも一部の心ないファンが問題になってますが、阪神ファンに比べればまだマシですね。

でも、彼らにもきちんとマナーを守ってもらましょうね。
posted by ちゅう at 08:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

コバマサ劇場を楽しんで頂けましたか

マリーンズ3x−2タイガース

阪神ファンの皆様、本日のコバマサ劇場はいかがでしたでしょうか?
今日は、存分に楽しんで頂けたかと思います。
ま、まさかあの場面で勝てるなんて思ったりしてないでしょうね。

・・と強がってはみましたが、ヒヤヒヤものの1勝でした。

まずは、先発の久保がよく投げました。
4回までは鳥谷に死球を与えたのみ。
完璧なピッチングです。

打線は今日も満塁病。
福浦以外に満塁で打てるヤツぁいないのかね。
ところが、4回に昨日2度の満塁で完璧な三振をした”重病患者”サトが3ランホームラン。
久保に先制点をプレゼントします。(昨日打っとけよ!)

久保は5回に金本・濱中の連打で1点は取られますが、後続を抑えます。
その後は要所を締めて、7回まで3安打1失点で薮田にバトンタッチ。
その薮田は8回を4者凡退。
薮田が4者凡退で終わった瞬間に、劇場開演の匂いがプンプンしてきました。
そして、9回マサが桧山・シーツに連続3塁打を浴び、1点差でさらに無死3塁。
ここで打席はアニキです。
阪神ファンは少なくても同点、間違いなく逆転を考えていたでしょう。

しかし、金本のセンター前に抜けようかという当たりを、根元が横っ飛びで補給。
超ファインプレーでマサを助けます。
続く濱中の三遊間の難しい打球も西岡がうまく捌いてツーアウト。
そして、片岡には2球続けて鋭いあたりを打たれますが、ファウル。
そして3球三振でゲームセット。

これ以上ない劇場でした。

さて、明日からは讀賣との3連戦ですが、3連勝以外は許されません。
まずは明日、宏之が猛打賞の大活躍をしてくれるでしょう。
posted by ちゅう at 22:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(37) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

連敗街道スタート!?

マリーンズ2−4タイガース

試合時間が30分遅れたとはいえ、今日の成瀬の出来ではどんなチームを相手にしても勝てなかったでしょう。

はっきり言って、それくらい制球が悪かったです。
特に、変化球は切れも無くストライクも入らなかったので、カウントを悪くしたところ、苦し紛れのストレートを狙い打たれてました。

横浜戦といい、阪神戦といい、2試合連続で雨の中でのピッチッんングとなってしまっているので、次回のヤクルト戦は是非晴れの中でピッチングさせたいですね。

成瀬には次回頑張ってもらいましょう。

さて、今日の試合の流れを決めてしまったのは2度の満塁で三振してしまったサトだろうと思っている方も多いでしょう。
しかし、僕は今日の流れを止めてしまった人物は西村コーチだと思います。
それは、3回の裏のマリーンズの攻撃中、無死満塁の場面で福浦が2点タイムリーを放ち、追い上げムードが高まってきた時でした。
今日4番に入った大松が、ライト前にヒットを打ち追加点かと思いきや、西村コーチがセカンドランナーの平下を3塁で止めてしまいます。
阪神のライトは浜中です。
浜中は以前、送球の際に右肩を痛めている選手です。
あそこは、勇気を持って腕をまわして欲しかったです。
西村コーチが平下を止めた瞬間、マリーンズの勢いも止まったのです。

マティもベニーも情けなかったですが、将の代打がサトだったので「完全に終わった」と思いました。
せめてあの場面は辻ちゃんを代打に出して欲しかったですね。
今日の天候を考えれば、勝負所はあそこしか無かった筈なんです。

しかし、阪神ファンは能見とダーウィンを絶賛してましたね。
こっちが勝手にこけただけなのに。

阪神ファンを見てると、なんだか怨念みたいなのを感じて、実際怖かったです。
あんなに、むきになって応援しなくてもいいのに。

さて、明日はなんとか一矢報いたいのですが、このままズルズルと連敗街道にハマってしまいそうな予感もして・・

明日は久保VS下柳でしょうから、どちらが粘り強く投げられるかが勝負の鍵になるでしょうね。
posted by ちゅう at 23:51| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(29) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

悔しい延長負け

マリーンズ1−2タイガース

非常に嫌な負け方で、連勝がストップしてしまいましたね。

しかし、今日の晋吾を責めることも、勝ち越し本塁打を打たれた薮田を責めることも出来ないでしょう。

今日の勝敗を分けたのはチーム本塁打の数だけですから。

それ以外をしいて挙げるなら、9回まで投げきった井川と9回にマサと交代した晋吾の差くらいでしょうか。
晋吾は8回までを105球だったので、9回も投げさせても良かったような気がするんですが・・

今日の井川を捉えることは非常に難しかったし「一振り」で勝負を決められるチームと「まぐれ当たり」に期待するしかなかったチームの違いでしょうね。

今日の試合のことは、この位で忘れましょう。

明日はおそらく成瀬が初マリンでしょう。
阪神は安藤かなぁ。

明日は観戦しに行きます。
阪神ファンの友人と一緒に行くので、ボビーシートで阪神ファンに囲まれながらひっそりと応援してます。
posted by ちゅう at 23:57| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(26) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パクっちゃいやぁ〜よ!

太蔵ブログ、代々木ゼミ講師の自伝と酷似

タイゾー君、久々に名前を聞いたかと思ったら、やっちゃいましたね。

確かに、たま〜に「こいつ、俺の記事まねてるんじゃないの?」ってことがあるし、自分でも記事をあげたら他の人の内容と似ていたってこともあった。

でも、僕は内容が似てしまった時はその人のところに「内容が似ちゃいました」ってコメントします。
別に悪意があった訳じゃないし、本当にたまたまその人の意見と一緒になってしまったんですから。

ただ、僕はblogを書く時には「自分の意見を自分の言葉で表現する」ことだけは心がけています。

そうじゃなければ、いくらTBが増えようが、いくらアクセス数が増えようが、何の意味も無いもんね
posted by ちゅう at 18:01| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(8) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

今日はいい打撃練習でしたね

阪神8x−2オリックス

本日唯一のナイターということで、TV観戦。

3回に勝ち越した後、1死満塁のチャンスを今岡・浜中が潰してしまうものの、4回に鳥谷のソロホームランで追加点を挙げると、5回には今岡が3ラン。

明日からのマリーンズ戦を前に、今季絶不調だった今岡が復活しちゃいました。

それにしてもオリックスはだらしなさ過ぎ。
この3連戦で打たれたホームランが、金本・シーツ・浜中・鳥谷・今岡といいところでいいホームランを打たれてます。

阪神にとっては移動日無しの9連戦になってしまうのですが、連勝していれば関係ないでしょうね。

さて、明日からの3連戦、マリーンズとしてはまずは先手を取りたいですね。
阪神の先発はエースの井川でしょう。
付け入る隙があるとすれば、中10日での登板で間隔が少し開いていることでしょう。

昨日までのような相手のミスに助けられるような試合は期待出来ないので、1つ1つのプレーを大事に戦いましょう。
posted by ちゅう at 22:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

auはウォークマン携帯

音楽再生携帯、KDDIがソニーと開発・多機能化で連携戦略

 携帯電話「au」を展開するKDDIはソニーと「ウォークマン」ブランドの携帯電話機を共同開発する。ソニー傘下の携帯電話機大手ソニー・エリクソンと音楽再生機能を持つ機種を開発し、今夏に発売する。KDDIは検索技術では米グーグルと提携する。ソフトバンク(現ボーダフォン)は検索はヤフーと、音楽再生機能付き携帯では米アップルコンピュータと提携交渉に動いており、携帯電話の多機能化を巡る協力関係が2陣営に分かれた格好だ。

 新型携帯は半導体の一種であるフラッシュメモリーを記憶媒体として内蔵し、約500曲分の楽曲を保存できる。ソニーの携帯音楽プレーヤーの省電力技術を活用し、連続再生時間をKDDIの従来機の3倍前後に伸ばした。音楽再生だけの場合、1回の充電で約30時間使えるという。

------------------NIKKEI NETより


iPod携帯かウォークマン携帯か
ITunesかLISMOか
Yahoo!かGoogleか
ソフトバンクかauか

あなたはどちらを選びます?

デザインは間違いなくiPod携帯(iPhone)の方が上でしょうけどね。
iPod携帯って、やっぱりクイックホイールあるのかなぁ。

今はau使ってますが、ウォークマンは絶対使いたくありません。
posted by ちゅう at 08:41| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(6) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

俊介、粘投で3勝目&9連勝です!

マリーンズ3x−2ドラゴンズ

いやぁ、勝っちゃいましたね。
初回に嫌な形で先制点を取られてしまい「今年の俊介は駄目なのか」とか「ここで?.勝がとまるのか」やら思ってしまいました。
なにせ、昨日までの8?.勝のうち7勝が先制していましたからね。

ところがどっこい、今日はひと味もふた味も違いました。

2回以降、俊介は中日打線を散発の3安打に?,えます。
1回のピッチングだけが悔やまれますね。
俊介は立ち上がりは悪くない方の筈なのに、今年は立ち上がりに失点されてしまいます。
今日はチームの?.勝を止めたくないという気持ちと、今シーズンのこれまでのピッチングが納得いかないものであったと言うこともあって、少しプレッシャーがあったのかもしれません。

打線の方は、4・5・6回に全て犠牲フライで得点します。
特に6回は、ヒットで出塁したベニーが相手のワイルドピッチで2塁に進むと、な、何と3盗!
これは誰も予想出来なかったでしょう。
そして、サブローがきっちりセンターに犠牲フライ。
これで勝ち越し、素晴らし過ぎます。

9回はマサがいつものように4者凡退。
中日ファンは1死3塁になった時点でチャンスと思ったでしょうが、マリンズファンはもう慌てません。

でも、今日は俊介に完投させてあげたかったな。

明後日からはターガース戦です。
あちらも、オリックス相手に気持ちよく?.勝しています。
甲子園の借りはマリンで返しましょう。
posted by ちゅう at 17:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(33) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

清水、完封勝利で8連勝

マリーンズ5x−0ドラゴンズ

今日の直行はまさにナイスピッチング!
粘り強く最後まで投げてくれました。

これでマサも一休み。

打線も8安打で5得点と効率よく点を取れましたね。
これで、満塁病が治ってくれればいいんですけどね。

ところで、今日の先発に昨日のヒーロー、今江の名前が無かったのは何故?

とにもかくにも8連勝です。

明日の先発はマリーンズはもちろん俊介でしょうけど、ドラゴンズはもしかして中4日で憲伸が投げるのか?
posted by ちゅう at 18:19| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(32) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共謀罪の採決は来週に持ち越し

共謀罪法案、採決は来週に持ち越し

 「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案の扱いをめぐり、自民、公明の与?$は19日、同日中に衆院法務委員会で採決することを見送る方針を決めた。

 与?$は当初、民主?$との修正協議がまとまらない場合、同日午後に採決に踏み切る構えを見せていたが、民主?$が「与?$の修正内容は不十分で、もっと審議が必要だ」と強く反対したことから、採決を来週に持ち越すことにした。
 与?$は19日午前の同委理事会に、共謀罪の適用団体について、テロ集団や暴力団といった「組織的な犯罪集団」とするなど範囲を限定した再修正案を提示した。
 しかし、民主?$は与?$との共同修正を受け入れない姿勢を崩さなかった。さらに、民主?$は同日昼、臨時の?$?+員会を開き、与?$が採決した場合には衆参両院のすべての審議に応じない方針を決めた。
 こうした状況のもとで、自民?$は細田博之国会対策委員長と青木参院議員会長が会談し、今後の国会審議に影響が出ないようにする対策を検討した。河野衆院議長も同日昼、自民、公明両?$の国対委員長を呼び、円滑な審議を要請した。
 同日午後1時からの衆院法務委員会では、与?$が再修正案を提案し、民主?$も出席して質疑を行った。

--------------------YOMIURI ONLINEより


国際犯罪防止条約の批准の為に、共謀罪を採決しなければならないからといって、こんな滅茶苦茶な法案は無いでしょう。

だいたい、対象になる罪が620もあるんだからたまったもんじゃない。
自民?$のお偉いセンセイ方は「適応することは無い」といってますが、一旦採決されれば、おまわりさん達にいいように使われちゃうのは目に見えてますよね。

何もしていなくても「共謀罪」で逮捕しちゃえばいいんだもんね。
こんなこと許していいの?
それでも小泉さんがいいの?
posted by ちゅう at 00:48| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(10) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

劇場王降臨

マリーンズ2x−1ドラゴンズ

昨日の予想どうり、宏之と山本昌の投手戦になりました。

4回の先制点も、先頭の西岡がヒットで出塁すると、今江がセーフティスクイズを決め、福浦のセーフティ気味の送りバントで2・3塁にすると、里崎にタイムリー。
連続無失点記録の懸かったイニングだっただけに、ベテランの山本昌にも少々焦りがあったんでしょう。

この回以外は両チームともチャンスらしいチャンスが無く、ドラゴンズも6回と8回にノーアウトのランナーが出ますが、宏之がきっちり抑えます。

宏之は今年一番安定してますね。
8回までは1−0のまま。

ところが、ここから劇場が起きてしまいます。

9回表、先頭の井端にツーベースヒットを打たれてしまい、この日3度目のノーアウトのランナーを出してしまいます。
そして、立浪に送りバントをきっちりきめられて、1アウト3塁。
続く福留にこの日初のフォアボールを与えてしまい1アウト1・3塁。
ここでボビーは、宏之に替えてマサをマウンドに送ります。
誰もが「???」と思ったでしょう。
誰もが劇場開演の予感がしたでしょう。

予感は的中。
ウッズにタイムリーを打たれて同点。
しかし、続くアレックスはダブルプレーにしとめてチェンジ。

そしてそして9回裏。
先頭の西岡が微妙な判定ではありましたがショートへの内野安打。
続く今江がレフトオーバーのサヨナラタイムリーツーベース。


劇的な幕切れです。
でも好投も勝ち星がつかなかった宏之が可哀想。
マサはチームトップの4勝目。
いいんかいな?

これでチームは7連勝。
明日の天気も気になりますが、そろそろマサを休ませないと・・・
明日は打線の奮起を期待しましょう。
posted by ちゅう at 22:07| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(31) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。