2006年05月01日

いいんかい?&いけないの?

明日の先発はバーンだそうです。
本当かよ!
対するホークスは今シーズン5勝負け無しと絶好調の新垣。
ボビーは早くも初戦を捨てたか?
防御率を比べてもバーンが7.45なのに対し、新垣は1.90
勝てそうにねぇ〜

これでいいんかい?

そして、噂の新庄選手の「襟付きアンダーシャツ」ですが、結局駄目になったみたいです。

やっぱりいけないの?

文句言われて駄目にするくらいなら最初からちゃんと禁止にしときゃいいのに。
でも新庄選手、引退を前にやりたかったことを好き放題やってるって感じ。
傘を最初に持ったイギリス人も周囲からは笑われたり、冷ややかな目で見られたそうです。
まぁ、こんなこと思いつくのも新庄選手くらいでしょう。


5連勝は相手に恵まれてのこと。
ホークス3連戦が今年のマリーンズの真価を問われる試合になるでしょう。
でも、まだホークスに勝ってないし、バ〜ンじゃ・・・

とにかく勝て!
posted by ちゅう at 20:29| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(3) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いまだ終わらぬ水俣病

節目の日 新たな決意 1日水俣病公式確認から50年 水俣病74年を問う集い 患者、家族 終わらぬ闘い

 水俣病は1日、公式に患者が確認されてから50年を迎える。1次訴訟原告の認定患者らでつくる水俣病互助会(諌山茂会長)は30日、水俣市で「水俣病事件74年を問う集い」を開いた。「74年」とは、チッソ水俣工場で水銀を触媒とするアセトアルデヒド生産が始まった74年前(1932年)から汚染が始まっていた、という意味。参加者らは「水俣病被害は知られている以上に甚大で、現在進行形だ」と訴えた。

 チッソ水俣病関西訴訟原告団長の川上敏行さん(81)=大阪府東大阪市=は、約150人の聴衆を前に「私はいまだにニセ患者です」と語った。

 水俣市出身の川上さんは関西に移住後、33年前に認定申請。1982年に提訴し、2004年には最高裁判決で「司法認定」を勝ち取ったものの、国は行政認定の基準を見直さず、認定申請は現在も処分保留のまま。「22年かけて最高裁判決を獲得したのに、何も進まない。認定申請は33年間も放置されている。(公式確認50年の日を)喜んでいいのか、悲しんでいいのか」と肩を落とした。

 続いて登壇したジャーナリストの宮澤信雄さんは「国は今でも川上さんを『ニセ患者』と言わせる状態に置き続けている。あの判決を受けて行政が動いていたなら、50年の企画も意味があっただろうが、むなしくてならない。悲劇を二度と繰り返さないというが、一度目の悲劇すらまだ終わっていない」と行政の対応を厳しく批判した。

 集会ではほかにも、公式確認となった患者姉妹の家族や、胎児性患者の父母らがマイクを握った。肉親の惨状、地域での孤立、自らも病に侵されながら介助に疲れ果てた現状などを涙ながらに訴え、終わらない水俣病の被害を参加者に印象づけた。

----------------------西日本新聞より


水俣病は歴史の教科書の中の出来事ではなくて、現在進行形の出来事であったと再認識させられました。

しかし、なぜ御上は弱い者いじめが好きなんでしょうね。

よっぽど自分が過去にいじめられていたんでしょうか。

それとも、偉くなりすぎて人の痛みなんぞ判らなくなってるんでしょうか。

どうせ事なかれ主義のバカ役人が「自分が担当している時には決着させたくない」とか「だまってりゃ、そのうち患者が死んでいく」とでも思ってるんでしょうか。

小泉劇場が大好きな皆さん、50年間水俣病を放っているのは自民党なんですよ。

そして、小泉さんもまた同じように水俣病患者を見殺しにしようとしてるんですよ。
posted by ちゅう at 08:21| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(2) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。