2006年05月08日

明日からは交流戦・・ですが

いよいよ明日からは交流戦です。

昨年とは違い、昨日までの成績が18勝17敗とかろうじて貯金はあるものの、直前のオリックス戦で3連敗といやな流れのままで甲子園でのタイガース戦に臨みます。

対するタイガースは、マリーンズ同様なかなか波に乗り切れなかったものの、きっちりと4カード連続で勝ち越しており、貯金5の3位としている。

ジャイアンツ戦とホークス戦までの雰囲気は両チームとも似ていたんですが・・・

タイガースも、今年は今岡になかなかタイムリーが出ていなかったり、金本がジャイアンツ戦で負傷していたりとチーム状態は万全ではないものの、きっちりと結果を残しているのは流石です。

明日からの甲子園での3連戦は、去年の日本シリーズを思い出してもらい、マリーンズ浮上のきっかけになったらいいですね。

明日の先発予想は、マリーンズがバーンでタイガースがオクスプリングです。

両投手の防御率はバーンが7.01でオクスプリングが3.86です。

バーンが抑える気もしないし、オクスプリングを打てそうな気もしない。

困りましたねぇ〜

でもがんばれ!
posted by ちゅう at 21:03| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(6) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒川静香さん、プロ転向を表明

荒川静香、プロ転向に「ワクワクした気持ち」

 「未練は全くありません」――。7日の記者会見で競技生活からの引退を表明したフィギュアスケートの荒川静香選手(24)は、晴れやかな表情で再出発を宣言した。

 口調は冷静だが、スケートへの熱い思いは変わらず、「第二の荒川選手」を目指す子どもたちへの協力など、今後の抱負も語った。
 五輪のフィギュアスケートで日本人初の金メダルに輝いて間もないだけに、横浜市内のホテルで行われた会見には、約120人の報道陣が詰めかけた。
 白いジャケットにピンク色のブラウス姿の荒川選手は、「2010年の五輪に選手として出場することはありません」と切り出した。トリノ五輪から帰国後、進退を明らかにするまでに2か月以上要したが、「自分の気持ちを落ち着いて考える時間がなかった」と、多忙な日々を振り返った。
 プロ転向は、誰にも相談することなく自分で決めたという。荒川選手は「悔いを残すことなく競技生活を送れた」と、吹っ切れた表情で語った。
 また、プロ選手になる心境を「小学校1年生のようなワクワクした気持ち」と表現。目標を尋ねられると「世界中どこへでも行きたい。1日でも長くショーをできるよう精進したい」と、目を輝かせた。
 8日に横浜市内で自ら開くチャリティーショー「フレンズ オン アイス」が“初仕事”となる。収益の一部は、五輪を目指す選手の強化費に充てられるという。
 「スケートを通じて恩返ししたい」。“氷上のプリンセス”は、ファンに夢を与え続けることを晴れやかに誓った。

------------------------YOMIURI ONLINEより


プロとアマの差は「何も制限を受けること無く活動が出来る」のがプロだそうです。

選手への指導もプロでなければ出来ないそうです。

もともとプロ指向の強かった彼女なので、思う存分スケートを楽しんでもらい、僕たちをまたワクワクさせてもらいたいですね。
posted by ちゅう at 07:35| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(27) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。