2006年05月24日

連敗街道スタート!?

マリーンズ2−4タイガース

試合時間が30分遅れたとはいえ、今日の成瀬の出来ではどんなチームを相手にしても勝てなかったでしょう。

はっきり言って、それくらい制球が悪かったです。
特に、変化球は切れも無くストライクも入らなかったので、カウントを悪くしたところ、苦し紛れのストレートを狙い打たれてました。

横浜戦といい、阪神戦といい、2試合連続で雨の中でのピッチッんングとなってしまっているので、次回のヤクルト戦は是非晴れの中でピッチングさせたいですね。

成瀬には次回頑張ってもらいましょう。

さて、今日の試合の流れを決めてしまったのは2度の満塁で三振してしまったサトだろうと思っている方も多いでしょう。
しかし、僕は今日の流れを止めてしまった人物は西村コーチだと思います。
それは、3回の裏のマリーンズの攻撃中、無死満塁の場面で福浦が2点タイムリーを放ち、追い上げムードが高まってきた時でした。
今日4番に入った大松が、ライト前にヒットを打ち追加点かと思いきや、西村コーチがセカンドランナーの平下を3塁で止めてしまいます。
阪神のライトは浜中です。
浜中は以前、送球の際に右肩を痛めている選手です。
あそこは、勇気を持って腕をまわして欲しかったです。
西村コーチが平下を止めた瞬間、マリーンズの勢いも止まったのです。

マティもベニーも情けなかったですが、将の代打がサトだったので「完全に終わった」と思いました。
せめてあの場面は辻ちゃんを代打に出して欲しかったですね。
今日の天候を考えれば、勝負所はあそこしか無かった筈なんです。

しかし、阪神ファンは能見とダーウィンを絶賛してましたね。
こっちが勝手にこけただけなのに。

阪神ファンを見てると、なんだか怨念みたいなのを感じて、実際怖かったです。
あんなに、むきになって応援しなくてもいいのに。

さて、明日はなんとか一矢報いたいのですが、このままズルズルと連敗街道にハマってしまいそうな予感もして・・

明日は久保VS下柳でしょうから、どちらが粘り強く投げられるかが勝負の鍵になるでしょうね。
posted by ちゅう at 23:51| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(29) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。