2006年05月26日

JPを打ち崩してまずは1勝

マリーンズ7−2讀賣

昨日サトがヒーローインタビューで「讀賣をこてんぱんに叩きますっ」なんて余計なことを言っていたんで、いや〜な展開にならなければいいなと心配していましたが、今日はすばらしい試合内容でした。

今日は日テレで全国中継されていたので、試合経過はパスします。

今日の勝因は、初回に西岡が足でかき回し2盗・3盗を決め、福浦のサードゴロで先制したことでしょう。
結果的にはその裏に同点にされてしまいますが、パウエルのリズムを崩すには、いい攻撃だったと思います。

そして、3回の大松の3ランホームラン。
素晴らし過ぎです。

5回の満塁のピンチ(?)も福浦がきっちりとタイムリー。
続く大松のファーストゴロもスンがチョンボしてくれました。

久々の大量点です。

投げては、宏之が散発の5安打、1失点に抑えます。
途中出場の鈴木にだけはタイミングが合ってたみたいで、2安打1本塁打されますが、それ以外はほぼ完璧と言ってもいいでしょう。

明日は直行VS工藤でしょうか。
直行には前回のような粘り強いピッチングを期待しましょう。

明日は工藤なので右打線になるんでしょうけど、ヴァルは出さないでね。
posted by ちゅう at 22:34| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(32) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対阪神戦を観戦して

一昨日(24日)の試合に、阪神ファンの友人とマリンスタジアムで観戦してました。
今回は友人の顔を立てて、3塁側で阪神ファンに囲まれながらひっそりと応援していました。しかし、なんだか周りの阪神ファンを観ていて、がっかりしたというか、憤りを感じたというか、野球を観にきてるんだか、騒ぎにきてるんだか、とにかく「阪神ファンなら何をやっても許される」的な行動・言動があまりにも多く、個人的には途中で帰りたい気分でした。

実は、僕も数年前までは阪神ファンでしたし、今でもセ・リーグでは阪神を応援しています。
以前から、熱狂的なファンが多かったのですが、「星野・阪神」が優勝したあたりから「暴走」が止まらなくなっているような気がします。

特に、今年の交流戦では去年の日本シリーズの”怨念”みたいなものを感じ、3塁側は異様な雰囲気でした。
ストライクひとつ取る度に鬼の首を取ったかのような騒ぎよう。
3回に能見が満塁のピンチから3者三振にした時はまるで優勝したかのような「能見コール」
そして、5回の裏2死満塁でサトがバッターボックスに入った時に3塁側から「あと一人コール」「あと一球コール」が起こったのです。
この時ばかりは呆れてしまいました。

確かに、あの雨の状態では5回が成立した時点でコールドゲームになる可能性は高かったかもしれません。
しかし、あそこであのコールをする行為は、相手のチームを応援している人にも失礼ですし、何よりもグラウンドで戦っている選手達に失礼です。

雨で中断している時も騒ぎまくる阪神ファン。

静かに見守っているマリーンズファンを観て僕の友人が「なんで騒がないの?」だって。
何しにきてるんだろうね。
挙げ句の果てには僕に”六甲おろし”を強要するし。

もう、阪神戦を見に行く気にはなれませんね。

マリーンズも一部の心ないファンが問題になってますが、阪神ファンに比べればまだマシですね。

でも、彼らにもきちんとマナーを守ってもらましょうね。
posted by ちゅう at 08:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。