2006年06月12日

日本VS豪州、手から滑り落ちた勝利

日本3ー1豪州

日本中がため息をついてます。

最後は体力の差なのかなぁ。

おそらく『組織』としては日本の方が上回っていたでしょうが、最後の10分の体力がものをいってしまったようですね。

オーストラリアは序盤からかなり厳しいあたりをしていましたが、それでも90分間戦える力が必要なんですね。

あとは、やっぱり選手交代のタイミングかな。
これは以前からさんざん言われてきましたが、大一番の今日の試合でもやはり選手交代が勝敗の鍵を握っていたようです。

それにしても、裏でやってたテレ朝の「長渕王」結構面白かったよ。
以前やったヤツのダイジェストだったけど、結構笑えた。
・・・これ見てたのが良くなかったのかなぁ。

とにかく、残り2戦頑張ってもらいましょう。
posted by ちゅう at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(63) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。