2006年07月08日

俊介、せっかく好投するも打線が見殺し

マリーンズ1−2檻

あ〜あ、やっちゃったよ。

俊介が、初回の北川に打たれたツーランのみの5安打6三振2失点と久々の好投をしたんだけれども、あえなく見殺しにあいました。

初回の3連打さえ無ければ良かったのでしょうが、それでも”あの”楽連戦以来の好投だったんじゃないでしょうか。
「最後まで投げきった」という意味では今季初かもしれません。

しかし、そんな時に「見殺し」に合っちゃうんですから、今シーズンの俊介はツキにも見放されているんでしょうか。

そんな俊介を見事に見殺しにした打線なんですが、デイビーの立ち上がりを捉えきれることが出来ずに1点どまり。
これが全てでしょう。
あとは最後まで連打が出ずに最終回も1アウト1・3塁のチャンスであと1本が出ずにゲームセット。

7月に入って勝ち星の無かった檻に白星をプレゼントしちゃいました。

どうも波に乗れないんですが、どうしたらいいんでしょうね。

明日は何でもいいから勝ってね。
posted by ちゅう at 21:33| 千葉 🌁| Comment(1) | TrackBack(27) | Marines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。