2005年12月16日

Googleはもはや超一流企業!?

 ”すごい”としか言いようがないですね。
起業して10年足らずの会社がアメリカの『イメージが優良な企業』のトップ3に入ってしまったのだから。nikkeiBP.jpg僕自身も、今年の10月に東京ビックサイトで行われたWPC EXPOでの基調講演を聞いてからは、「Googleにはかなわない」との思いが強くなりました。なんたって、Googleの本社は『キャンパス』と呼ばれているそうで、たしかに以前テレビ番組でGoogle本社の様子を映していたことがあったけど、確かに「会社」というよりも、「キャンパス」という雰囲気があった(何だかとっても楽しそう)。そうそう、基調講演をしていたマグラス・みづ紀さん、かわいい人だったなぁ〜。あんな人と一緒に仕事ができたら楽しいだろうなぁ(これってセクハラ?)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

最もイメージが優良なIT企業はグーグル--米市場調査

 米国のイメージが優良な企業60社のランキングで、複数のIT企業が善戦し、中でもGoogleがIT企業としてはトップの座である3位を獲得した。
 Googleは、毎年更新される同ランキングに初めて登場した。ソニー、Microsoft、Intelも2005年のトップ10入りを果たした。市場調査会社Harris Interactiveが米国時間6日に発表したこの調査は、米国で最も有名な企業名を挙げ、最も評判の良い企業から最も評判の悪い企業までを順位付けするというもの。調査は2万人近くの成人を対象に行われた。

 GoogleがJohnson & JohnsonとCoca-Colaに次ぐ第3位にランクインしたのは注目に値する。創業10年にも満たない、またランキング上の大半の企業に比べ規模が小さい企業である点が特に注目に値する。Dell Computerも高い評価を得てWalt Disneyのすぐ下の15位に入った。また、IBMとApple Computerもそれぞれ19位、27位と、2004年の25位、34位から順位を上げている。

 調査はニューヨークのHarris InteractiveとReputation Instituteの2社が共同で行った。7000人近い回答者に最も評判の良いと思われる企業と最も評判の悪いと思われる企業の名前をそれぞれ2社ずつ挙げてもらい、次に、最も頻繁に名前が出た60社について、製品やサービスの質、業績、職場環境、社会的責任、指導力、イメージをもとに評価するよう、別の1万9500人以上の調査対象者に依頼した。

 多くのエネルギー関連企業がワースト10に入ったが、これはガスリン価格の高騰が原因である。また、ほかに評判の悪い企業として名を連ねたのは、Martha Stewart Living Omnimedia、Tyco International、Enron、MCI、Adelphia Communicationsなどで、スキャンダルの影響が見られる。

−−−−−−−−−−−−−−−CNET Japanより
posted by ちゅう at 20:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10364643
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

明けても暮れてもGoogle。そしてGoogle。そしてGoogle…
Excerpt: Googleパーソナライズドホームが出て来て以来、他のポータルはほとんど見てません。 ちょっと気が向いたのでGoogleに全てをゆだねてみようかと思いましてね、ヘヘヘ… Googleって、..
Weblog: とあるできそこないのコラム
Tracked: 2005-12-18 17:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。