2006年01月16日

よ〜く考えよ〜 名前は大事だよ〜!

 今、起業に向けて企業名や愛称・ドメイン名など様々な"名前"を話し合っています。

 出来るだけ覚えやすく親しみやすい名前にして、1日も早く皆様に覚えてもらえるようにしたいですね。

 最近(でもないかな)ではApple Computerの"iMac"や"iPod”"iTunes"が親しみやすくて覚えやすい名前の代表でしょうか。

 「i」という言葉は英語の『私』の一人称にもあたりますし、日本語では『愛』という意味にもとれます。コンパクトでとてもいい名前ですよね。アップルは名前の付け方がとても上手な企業の1つだと思います。

 ところが、先頃行われたMacworld Expoで発表されたアップルコンピュータ初のIntelチップ搭載コンピュータ『MacBook Pro』という名前が、あまり評判がよろしくないようです。

 いままでプロ用ノートPCは『PowerBook』という名前で親しまれてきました。しかし、IBM製のPowerPCチップを使わなくなり『Power』でなくなるだろうという予想はしていました。マックユーザーの期待は高かったんです。

 でも、結果的には『MacBookPro』という名前はファンの期待を裏切るものになってしまったようです。

 いまさら名前変える訳には行かないし。

 慣れりゃ気にならなくなるのかなぁ。

----------------CNET Japanより 
posted by ちゅう at 21:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Apple社の新製品「MacBook Pro」の名称が不人気
Excerpt: 先日、Apple社から発表された「MacBook Pro」に関して、思わぬ不評が飛び交っている。 その良くない評判の内容とは、何を隠そう、その名前だ。 「MacBook Pro」という名称..
Weblog: ネットカルチャー概論
Tracked: 2006-01-17 13:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。