2006年02月15日

アナログ放送終了に「再検討」

地デジ検討委:アナログ放送終了に「再検討」の意見
 総務相の諮問機関「情報通信審議会」の地上デジタル放送推進に関する検討委員会(主査・村井純慶応大教授)が14日あり、2011年7月24日のアナログ停波(放送終了)について、再検討を求める意見が相次いだ。委員会としての意見集約は次回に持ち越したが、審議の前提となる法定スケジュール自体に疑問が示されるのは異例。
 検討委は20回目で、アナログ停波に関する議論は初。テレビの買い替えサイクルは約10年だが、昨年度までメーカー出荷台数の過半数がアナログテレビで、今も販売されている。こうしたことから「停波時に相当数のアナログテレビが残ることをどうするかが課題」(メーカー委員)との問題提起があり、「全4800万世帯がテレビを見続けられるようになることが(アナログ停波の)最低ライン」(消費者委員)▽「停波を一斉にするか段階的にするか、検討した方がいい」(民放委員)などの意見が出た。
 また、デジタルテレビやチューナーが高価なことが普及の壁になっており「アンテナとチューナーで1万円程度にしてほしい」(消費者委員)▽「国策で進める以上、国として低所得層などへの対応をどうするのか示すべきだ」(地方自治体委員)などの意見も出た。



こんな議論がいつかは出るんじゃないかと思っていましたが、「やっぱり」ってとこですかね。
我が家も先日、地上波デジタル放送が見れるようになりましたが、未だにアナログ放送を見ています。
ハード面の普及が遅れていることを理由に挙げているみたいだけど、どうもそれだけじゃないみたい。
ハードよりもっと遅れているのが、インフラの整備。
こっちの方が深刻みたいで、2011年までにどうやら間に合いそうにないみたい。
というのも、基地局を造る費用をTV局が負担しなきゃならないので、民放がいやがってるみたいなんです。
デジタル化で得をするのは結局、どこかの放送協会だけってことなんですかねぇ。
posted by ちゅう at 21:16| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうです。
Posted by valtan at 2006年02月15日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13330427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

地デジ検討委:アナログ放送終了に「再検討」の意見
Excerpt: 総務相の諮問機関「情報通信審議会」の地上デジタル放送推進に関する検討委員会(主査・村井純慶応大教授)が14日にあった。2011年7月24日のアナログ停波(放送終了)について、再検討を求める意見が相次い..
Weblog: 雑記なBLOG
Tracked: 2006-02-15 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。