2006年02月17日

BSEよりPSE

ちょっと他人事だと思っていたんですが、4月1日から実施されるPSE法(電気用品安全法)によって、「PSEマークの無い」楽器用のアンプやシンセサイザー、電子オルガンが売買出来なくなるのです。
で、これだけでも大問題なんですけど、エフェクターはどうなの?
エフェクターが引っかかっちゃうと、かなりショック!
はっきり言って、楽器に関して言えば、昔の物の方が名器が多かったんです。
アンプ等は未だに真空管使ってますからね〜。
僕の持っているampegのベースアンプも真空管4つも使ってるんですョ。
この真空管が、昔の方が品物がよかったんです。
音の善し悪しを決めるのも、この真空管といってもいいくらい。
エフェクターも同じような物が今も売られていますが、中身は全く別。
全然違うんです。
いまだに20年以上前のものがオークションで売買されているくらいなんですよ。

この法律を作った人達は何の意図があって作ったんでしょうね。
よっぽどリサイクル業者が憎かったんでしょうか?
やっぱりお偉いお役人の考えることは、庶民には解りませんね。
解りたくもありませんけど。

電気用品安全法の概要
posted by ちゅう at 18:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。