2006年03月30日

安楽死は尊厳死なのか(2)

呼吸器外し 外科部長「別れの時間作ろうと」

延命中止、外科部長「5件は別の医師と話し合って…」

尊厳死の問題「法制化加速を」 超党派議連の幹事長

どうやらこの一件、医師と患者とその家族の問題ではなくて、院長と外科部長の問題のような気がしてきた。
「尊厳死」について、医師と患者の家族の間に少しでも疑問が生じれば、もっと以前に事件が発覚している筈だし、死亡した家族のコメントもあるだろう。

しかし、事件の発覚のきっかけとなった患者の家族が当初、「同意していない」とコメントしていたのが「父が倒れて病院に搬送されてから数日後、呼吸器取り外しの話が出て同意した。しかし、院長の認められないとの説明に納得した」と張り紙をし、訂正した。

これに対し、麻野井英次院長は「外部の意見を含めて対策を取ったのか。複数の医師といっても、対等に意見を言えるもの同士だったのか。私が調べた範囲では不十分ではないかと考えた」と外科部長を何とか殺人者にしようとするかのような発言が続いている。

この事件に拘った家族は「そっとしておいてほしい」と思っているのではないのでしょうか。
僕は、何より無くなられた家族の気持ちを優先させるべきだと思います。

そして、今回の事件をきっかけに法制化を加速させようと企んでいる政治家のセンセイ、そんなに簡単に命の問題を決めないでで下さいね。
posted by ちゅう at 09:35| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(9) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。確かにこのニュースは色々不可解ですね。尊厳死は難しい問題ですね。
Posted by ベネロップ at 2006年03月30日 10:19
TBありがとうございました。

「命」の問題に正解などないと思います。

ただ、私は、なくなっていく人が、個人にとって幸せな亡くなりかたをしてほしいと思います。
ひとそれぞれ、価値観は異なりますから・・・。

今後とも、宜しくお願いします。
Posted by spring at 2006年03月30日 17:57
ベネロップさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
この病院の院長は命の問題を他の何かとすり替えようとしているように思われます。
是非、残された患者の家族の事を第一に考えてもらいたいですね。
Posted by ちゅう at 2006年03月30日 18:19
springさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
springさんの言うように命の問題に正解等無いかもしれませんね。
僕も故人や家族の望む型が一番だと思います。

また遊びにきて下さいね。
ではまた。
Posted by ちゅう at 2006年03月30日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

尊厳死疑惑 外科部長が初めて説明
Excerpt: 尊厳死疑惑:外科部長が初めて説明「自然な死」選択  富山県射水(いみず)市の射水市民病院(麻野井英次院長)で患者7人が人工呼吸器を外されて死亡した問題で、呼吸器外しを指示した外科部長(50)=3..
Weblog: zaraの当方見聞録
Tracked: 2006-03-30 10:27

射水市民病院の「尊厳死」問題:続報
Excerpt: 外科部長「6家族が同意、立ち会い」…同意書は取らず  富山県射水(いみず)市の射水市民病院で患者7人が延命措置の中止で死亡した問題で、人工呼吸器の取り外しを行ったとされる外科部長(50)は29日、読..
Weblog: S氏の時事問題
Tracked: 2006-03-30 16:01

富山射水市民病院人工呼吸器取り外し「7件すべて家族が同意」、ルール逸脱も認める
Excerpt: 『富山県の射水市民病院(麻野井英次院長)で患者7人が人工呼吸器を取り外され死亡した問題で、呼吸器を外した外科部長(50)が29日、同市内の自宅で共同通信など複数の報道機関に対し「7件のすべてで家族が同..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2006-03-30 17:55

富山県射水市民病院「呼吸器外し」事件 終末期医療、医師の指針を作ることが必要だ!
Excerpt: 終末期医療、医師の指針を 尊厳死疑惑:男性患者の家族「同意していた」 外科部長、「間違っていた」 院長に謝罪 「呼吸器外しに同意」患者家族が自宅玄関に張り紙 『富山県射水市の病院で昨年までの5..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2006-03-30 17:56

安楽死の法制化は命の尊厳の自己決定になる
Excerpt: 尊厳死疑惑:外科部長が初めて説明「自然な死」選択 毎日新聞 2006年3月29日 15時00分 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060329k00..
Weblog: 「思弁でしかない」ブログ。
Tracked: 2006-03-30 18:40

射水市民病院外科部長に理解を示すメッセージ
Excerpt: 大半が外科部長らに理解 呼吸器外しで電話相次ぐ 人工呼吸器を外され患者7人が死亡した射水市民病院(富山県)に、問題発覚後、1日数十件の電話や手紙が寄せられ、そのほとんどが
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2006-03-30 20:38

今日のニュース
Excerpt: 今日のニュースについて思ったことを何でも。書いてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-03-31 21:29

医師の判断、家族の判断
Excerpt:  このことが最初に取上げられた時、事の問題の大きさというか、これからの医療や介護にとって難しい判断が絡んでいるので、自分にはちと荷が重いので止めるつもりだったのですが・・
Weblog: ブログ らぷぽ
Tracked: 2006-04-02 11:12

尊厳死
Excerpt: 「尊厳死くわしく知りたい」協会に問い合わせが殺到 (読売新聞) - goo ニュース 先月25日富山県射水(いみず)市民病院で平成十二年から昨年までに、外科部長の男性外科医(50)に人工呼吸器を取り..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-04-02 14:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。