2005年11月17日

「iPod」国内シェア6割に!!

昨日に引き続き今日も「iPod」の話題です。
iPod nano.jpgアップルコンピュータは16日、国内の携帯デジタル音楽プレイヤー市場の国内シェアが約60%に拡大し、iTunesiPodが日本のデジタル音楽革命を牽引していることを発表しました。
以前はアップル(iPod)ソニー(ウォークマン)の「2強」だったが、8月にアップルが音楽配信サービス「ITMS(iTunes Music Store)」を日本でも開始。わずか4日間100万曲のダウンロードを達成し周囲を驚かせた。これをきっかけに「iPod」「ウォークマン」のシェアの差が拡大した。さらに、9月にはアップルとソニーそれぞれが新製品(アップルは「iPod nano」 ソニーは「ウォークマンAシリーズ」)を同時に発表した。ところが、ソニーが発売日を2ヵ月後の11月19日としたのに対し、アップルは発表と同時に発売を開始。結果は歴然だった。
「iPod nano」「ウォークマン」の発売が重なったことに、ソニーの幹部から「アップルに情報が流れた」との恨み節もあったみたいだ。しかし、新型iPodに関する情報もかなり漏れていた事も事実としてある。
『おごれるものはひさしからず』とは正にこのことであろう。
昨日の記事でも書いたように、アップルは来年の1月にはさらに新型の「iPod Shuffle」を発表するのではないかと言う噂もある。今後は日本でのシェアも欧米でのそれに近づくのだろうか。(現在アメリカではiTunes Music Storeのシェアは7割と言われている。)
posted by ちゅう at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9470960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ソニーブランド復活は壊れないことが先決
Excerpt: ソニーといえばウォークマン。ウォークマンといえばソニー、というぐらい携帯オーディオの分野ではトップランナー企業だった。 そのソニーが携帯オーディオ市場の国内販売ではシェア率が1割を切っている、と..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2005-11-20 11:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。