2005年11月26日

事件の陰に天下りあり!!

やっぱりというか、結局はというか、こういう事だったんですね。
もはや、天下りは重罪ですな。天下りをした役人も、天下りを受け入れた企業も一生反省してなさい!今回の責任は最終的にはこんなくだらん制度を作った"国"がとるべきでしょう。どうせ、と〜っても頭のいい役人さんが作った制度だから、僕らお馬鹿な庶民には分からないよう、天下りした際に『甘い汁』にありつけるように作ったのでしょう。まず疑うは「民間検査機関」という名の天下り企業です。皆さんのマンションもどこの検査機関に依頼したかを確認した方がいいかも・・・。もっとも、「民間検査機関」が全て天下り先だったら、諦めましょう。もう、住めるマンションなんて無い筈ですから・・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−

偽造見過ごしのイーホームズ、担当者全員が天下り社員

 千葉県市川市の建築設計事務所による構造計算書の偽造を見過ごした民間の検査機関イーホームズ(東京都新宿区)の審査担当者10人全員が、市役所などで建築確認業務に携わった公務員OBだったことが25日、国土交通省の調べでわかった。

 国交省は24、25両日、同社への立ち入り検査をし、審査担当者に聞き取りをした。建築確認の審査で同社が計算書の偽造を見過ごしたマンションなどは、17日発表の20棟から6棟増えて計26棟にのぼり、担当者は10人いた。いずれも市役所や区役所の元職員で、公務員時代に役所の建築主事として建築確認業務を経験していた。99年からの業務の民間開放を受け、同社へ転職してきており、50〜60代が多かったという。

 審査の際、10人は、国交省令で定められた文書が添付されていなかったり、各ページの仕様が通常と異なったりする点を見過ごし、耐震強度が基準を大幅に下回る建物に建築確認を出していた。

 国交省の調べに、担当者らは「建築士が書類を作ったので、改ざんとは思えなかった」と話したという。国交省は「ルール違反の審査が、自治体にも広まっている可能性がある。業務の実態を調べ、制度をよく点検したい」としている。

−−−−−−−−−−−−−−−asahi.comより

全く話にならん!!ちっ(怒った顔)



posted by ちゅう at 02:22| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
姉歯建築設計事務所が絡んだ一連の耐震強度偽装事件も、この1週間でずいぶんいろんなことがあきらかになりましたね。
この偽造を見逃していたイーホムズの精査に抜かりがなければこのような大きな事件に発展せずに済んだはずだと思います。それにしても天下りで成り立っていたとは・・・。
情報をありがとうございました。
また、訪問させていただきます。
Posted by おーちゃん at 2005年11月26日 09:13
おーちゃんさん、こんにちは。
コメント有難うございます。
やっぱり、「事件の陰に天下りあり」なんです。
"天下り撲滅運動"でも始めましょうか?
ではでは。
Posted by ちゅう at 2005年11月26日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

姉歯建築士、業者側の圧力を証言〜国交省聴聞会で〜
Excerpt: 渦中にある姉歯建築士が圧力について口を開きました。 マンションなどの設計に用いる耐震構造計算書の耐震強度の値を偽造していた千葉県市川市の姉歯秀次1級建築士に対する聴聞会が11月24日、国土交通省で開..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2005-11-26 09:14

信頼
Excerpt: マンションやホテルの耐震強度偽造問題、今かなり 問題になっていますね。 最初は建築設計事務所だけの問題かと思っていたら 建築主や検査機関の失態まで浮き彫りになってきました。 ニ..
Weblog: 絶対セミリタイア 半年で目指せ月収50万円!
Tracked: 2005-11-26 10:18

「イーホームズ」立ち入り検査、未明まで続く
Excerpt: 24日午前10時から始まった民間の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)に対する国土交通省の立ち入り検査は、25日未明まで続いた。 日付をまたいで行われるという、行政官庁の立ち入り検査とし..
Weblog: 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
Tracked: 2005-11-26 14:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。