2005年11月28日

蜥蜴の尻尾切り

敢えて、何もコメントしませんが、
誰が何をしようとしているのか、皆さんよく考えて下さい。
「姉歯」「ヒューザー」だけが責任をとれば済む問題ではないんです。

−−−−−−−−−−−−−−−
偽装見逃す、イーホームズの検査機関指定取り消しへ

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、国土交通省は、構造計算書の偽造を見落とした民間の指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区、藤田東吾社長)の指定を取り消す方針を固めた。


 先に実施した立ち入り検査の分析を待って処分手続きに入るが、ずさんな審査による26棟もの偽装見落としが判明しており、厳しい処分は避けられないと判断した。確認検査機関の指定取り消しは初めて。

 国交省の調べによると、耐震強度の偽装が判明したり、その疑いが浮上したりしているマンションやホテルのうち、イーホームズは2003年2月以降、1都3県で計26棟の建築確認を実施している。

 いずれも姉歯秀次・1級建築士(48)が、地震の際に建物にかかる外力の数値を小さくして計算するなど、構造計算書を偽造していたが、イーホームズはそれをことごとく見落としていたほか、併せて請け負っていた中間、完了検査でも、鉄筋の不足などには気付かなかった。

 国交省ではさらに、イーホームズに対する立ち入り検査で、同社が建築確認をした年間約2000件の構造計算審査書類の中から、姉歯建築士が関与していない98件を抽出して検査したが、9割に当たる89件で、計算過程をほとんどチェックしていなかったことがわかった。

 同省は、立ち入り検査の分析がまとまり次第、イーホームズに処分を通告し、弁明書の提出を受けて最終的な処分を決定する。

 イーホームズは99年に設立され、01年に国交相の確認検査機関指定を受けた。11月現在、都内や神奈川、大阪、宮城に8支店があり、確認検査員は29人いる。

(2005年11月28日3時0分 読売新聞)
−−−−−−−−−−−−−−−YOMIURI ONLINEより

posted by ちゅう at 07:46| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9903245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

イーホームズの検査物件についても至急全件調査せよ
Excerpt: 偽装見逃す、イーホームズの検査機関指定取り消しへ イーホームズ、法令手続き守らず審査簡略化 姉歯一級建築士の物件と関係なく、イーホームが検査した物件も耐震構造に問題があるようだ。 『マン..
Weblog: 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
Tracked: 2005-11-28 19:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。