2006年03月13日

WBC日本対アメリカ

日本、米国にサヨナラ負け WBC

日本、米にサヨナラ負け…WBC

「惜しい試合でした」なんて悠長な事言ってられません。
完全に主審にやられましたね。
西岡のタッチアップはどうみても完全にセーフ。
だいたい、一度下した判定をあっさり覆してしまうなんてサイテー。
日本とアメリカが初めてガチンコで戦った歴史的試合だったのにつまらんことしくさって。
兎に角、メキシコと韓国に勝って、準決勝でもう一度アメリカと戦いたいですね。

ガンバレ、ニッポン!
posted by ちゅう at 09:43| 千葉 ☁| Comment(14) | TrackBack(98) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

カーリング日本選手権「チーム青森」優勝

チーム青森が優勝 カーリング日本選手権女子

 カーリングの日本選手権女子最終日は12日、青森市スポーツ会館で行われ、トリノ五輪に日本代表として出場し7位入賞したチーム青森が決勝でチーム長野を9−3で破り、2年ぶり2度目の優勝を決めた。3位決定戦でチーム長野に5−6で敗れたチーム常呂中が3位となった。
 競り合いとなり、チーム青森が5−3の第9エンドに3点を奪って5点差をつけると、第10エンド途中でチーム長野がギブアップした。
--------------------------------------------------

よかったですね。(^◇^)
トリノオリンピックから帰国してすぐの試合だったので、実力が十分には発揮出来なかったかもしれませんが、それでも優勝してしまうんですからスゴイですね。
後輩の常呂中の子達に負けてしまった時はどうなる事かと思いましたが、やっぱり実力が違うんでしょうね。
これを機に、カーリングが日本に根付いてくれるといいんですけどね。
フィギュアスケートもそうでしたが、カーリングもなかなか練習する場所やチームが少ないと思うので、こういう時こそ「国を挙げて」取り組んで欲しいと思います。

チーム青森の皆さん、おめでとうございます!

posted by ちゅう at 20:48| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(18) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

「バカ騒ぎ」の代償

駒大苫小牧 センバツ出場辞退

駒苫がセンバツ辞退、校長と監督は辞任

補導された生徒は今頃どう思ってるんでしょうかね。
もしかしたら「運が悪かった」くらいにしか思ってないかもしれませんよ。

どうやら、彼らが騒いでいた居酒屋は”八坪”で始めた有名な居酒屋チェーンみたいです。
しかも個室で騒いでいたみたいなので、隣の客から通報されるってことは、相当なバカ騒ぎだったってことでしょうね。

いわゆる”野球特待生”の過度な特別扱いについては、昔からいろいろ言われてきました。
しかし、なぜ最近は表沙汰になってしまうんでしょうね。
もしかすると、以前は「たまに羽目を外すくらいは許そう」だったのが、最近は「またバカ騒ぎしているのか」に変わってきているのかもしれません。

それにしても、甲子園には行けなくなるし監督はいなくなるしで1・2年生部員はどういう気持ちになってるでしょうね。
全国制覇をしたこともある千葉県の有名なサッカー部では監督が辞めた後、相当の部員が辞めてしまったようです。

駒大苫小牧高校は残った生徒の事を第一に考えて今後の野球部のあり方を考えてもらいたいですね。
posted by ちゅう at 18:19| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(33) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒大苫小牧野球部員また不祥事

駒苫甲子園Vメンバー卒業式夜に飲酒補導

駒苫再度の不祥事に困惑と失望

駒苫 選抜辞退かどうかは未定

駒大苫小牧野球部員ら補導−飲酒、喫煙で14人

選抜辞退かどうか未定−飲酒喫煙問題で駒大苫小牧

「また」と言っても、前回は当時の野球部長による暴力が問題になったのですが、今回は卒業式を終えたばかりの3年生。
「市内の居酒屋で飲酒・喫煙していた」ってことですが、この居酒屋の店員には未成年に酒を飲ませた事の罪は問われないのでしょうかね。
そもそも、警察に通報したのは店員ではなくて隣で飲んでいた客みたいですからね。
この居酒屋の店員は何をやっていたのでしょうか。
おそらく、客が警察に通報する前に、店員に苦情を言っている筈。
この店も、何らかの処分を受けるべきでしょう。

16:30から記者会見を開くみたいですが、やっぱり選抜は辞退せざるを得ないでしょうね。
でも、選抜に出場するのは3年生ではなくて、1・2年生なんですよね。
彼らは、どんな風に思っているのでしょうね。
「先輩のやったことだから関係ない」とか「余計な事をやってくれて」位にしか思ってないなら不祥事は繰り返されてしまうと思います。

どちらにしても「軽率だった」では済まされないでしょう。
いろんな意味で”特別扱い”されている今の高校野球は、少し考え直さなければいけないのかもしれませんね。
posted by ちゅう at 12:31| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(11) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

女子フィギュア速報!荒川が金メダル、村主は4位

いやぁ〜、やってくれましたね。

メダルも当然嬉しいですが、それ以上に彼女たちの演技が素晴らしかった。

改めて、メダルという物が4年間の結果としてのご褒美なんだなぁと思いました。

本当に、おめでとうございます。

ご本人のコメントや、記者会見等もありますが、まずは速報で。
posted by ちゅう at 06:51| 千葉 ☁| Comment(10) | TrackBack(74) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

スーパーアグリ・F1 ドライバー決定

-------------------------------------------------
自動車の元F1ドライバー、鈴木亜久里氏が代表を務め、今季からF1シリーズに新規参入する「スーパーアグリ・フォーミュラワン」は15日、佐藤琢磨(29)、井出有治(31)の日本人ドライバー2人と契約したと発表した。

 佐藤は昨季限りで所属していたBARホンダ(今季はホンダ)を離れており、新規参入した鈴木氏のチーム入りが確実視されていた。井出は2005年のフォーミュラニッポンで総合2位の実績を残し、今回がF1初参戦となる。

 両ドライバーはチームを通してコメントを発表。佐藤は「素晴らしい実績を残した亜久里さんと組めることが楽しみ」と語り、井出は「機会を与えてくれた亜久里さんには大変、感謝しています」と喜びを口にした。

---------------------
中国新聞より

ようやく正式に発表されましたね。
とはいえ、オリンピック真っ最中に発表しなくても・・・
やっぱり、こそっとやりたかったんでしょうか。
あまり期待はしていませんが、他のチームの邪魔にならない程度にがんばってもらいたいものです。
posted by ちゅう at 17:22| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(2) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロとアマの差

現在、トリノオリンピックでの日本選手の不振の原因の一つとして取りざたされているのが、「最強軍団」と前評判も高く、メダル確実と思われていた男女ハーフパイプ人の惨敗ではないでしょうか。

ところが、メダルを取った選手というのが、高額の賞金が出る大会にしか出場しない、いわゆる「プロ」だったんです。
この選手たちは、日本選手が出場していたワールドカップには出場せずに、アメリカ等で行われる「プロ」の大会に出場していたのです。

結果は、やる前からわかっていたんでしょう。
でも、周囲からの過剰な期待に応えざるおえなかったんでしょうね。

普段、ほとんどマスコミに取り上げられることの無い競技が、『オリンピック』という4年に1度のイベントで、全てわかったかのように報道されてしまうのもあまり感心しないことですね。
posted by ちゅう at 15:45| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

マッキー結婚!

マッキーと言っても槙原敬之のことでもなく、バース・掛布・岡田にバックスクリーン3連発を叩き込まれた元讀賣のピッチャーでもない。ましてや世界一有名なネズミのことではありません。

そうなんです!JRA初の女性騎手として活躍中(!?)の牧原由貴子騎手が所属厩舎である増沢末夫調教師の長男で、同厩舎で調教助手を務める増沢真樹さんと結婚することになったんです。

彼女の騎手としての成績は822戦で34勝(11日現在)とほとんどたいしたことがないんですが、JRAではアイドル並みの人気があり、彼女のフィギュアが発売されたほどなんです。

現在、JRAで女性騎手は彼女と西原礼奈騎手の二人だけです。
牧原騎手が結婚を期に引退してしまうと、女性騎手は西原騎手ただ一人になってしまいます。
やはり競馬という世界、特に騎手で女性が活躍することは難しいのでしょうか。
以前、北海道の牧場でも「都会から夢を持って牧場に働きにくる女性がいるけど、現実の厳しさに止めてしまう子が多い」という話を聞いたことがあります。

何はともあれ、牧原騎手結婚おめでとうございました。
そして、今日の府中のメインレース、ダイヤモンドステークス(GV)でマッキーマックスに乗っかっちゃった人、おめでとうございます。
posted by ちゅう at 16:34| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ご冥福をお祈りします

藤田元司さんが心不全のため、お亡くなりになりました。
享年74歳だそうです。

あまり讀賣のことをよく思っていない人でも、この方に対するイメージは別のようですね。
僕自身も、以前NHKの番組で、解説者の佐々木信也さんが友人として藤田元司さんの人柄を熱く語っていたのを思い出しました。

仰木さんといい、藤田さんといい、球界にとって重要な方が亡くなられてとても残念でなりません。
個人的には、父親と同じ世代の方、とりわけ元気な方が突然亡くなられると、最近では他人ごととは思えなくなってきました。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。
posted by ちゅう at 00:00| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(11) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

期待させといて!?

 東レ・パンパシフィック・オープンに、4年ぶりの出場をしたマルチナ・ヒンギス選手ですが、惜しくも決勝で敗れてしまいました。
ところが、TV中継を見終わったうちの両親が「期待させといて、な〜んだ」って言ったんです。
確かに、今日のヒンギス選手は昨日のシャラポワ戦と比べてもミスが多く、精彩を欠いていたかもしれません。
しかし、彼女は長いブランクを経てようやく今年から本格的にツアー復帰をしたばかりなんです。
元世界ランク1位とはいえ、現在の彼女のランクは117位なんです。
相手のデメンチェワ選手はランク9位の選手なんですよ。
そんなに簡単に勝てる訳がありません。

 大会中の入場者数が過去最高になった事からも、ヒンギス選手やシャラポワ選手に対する期待の高さはよくわかります。
でも、今日の結果が現在のヒンギス選手の実力なのでしょう。
決して、彼女が手を抜いたプレーやいい加減なプレーをしたわけではないと思います。
そして、優勝出来なくて一番悔しがっているのは彼女自身でしょう。
今回は、周り(日本人)が期待しすぎたのかもしれませんが、メディアの報道の仕方にも問題があると思います。
スポーツニュース等で流れている内容をそのまま鵜呑みにしてしまうと、うちの両親みたいに「な〜んだ」という発言になってしまうんでしょうね。

最近、『興味本位』の報道が多くなっているような気がします。
マスコミは「望んでいるから」と視聴者のせいにし、視聴者はいい加減な報道をするマスコミが悪いと言い張ります。
報道する側も、それを見る側も、『何が必要』かをもう一度考え直す必要があると思います。
posted by ちゅう at 18:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

でんきけい

でんきけい・・・電気系、電気系統。電気に係るトラブルなので
        ドライバーの責任ではないの意。鈴木亜久里の
        座右の銘。 例文:「今日もリタイアしちゃい
        ましたね」「電気系がトラブっちゃって」

 SUPER AGURI FORMULA 1の参加が正式に承認されましたが、果たして3年落ちのマシンで”走るお荷物”になったりしないだろうか。第6戦あたりからnewマシンを投入する予定らしいが、どうなんでしょうね。「入賞」なんてことより、「完走」する事が目標になりそう。

 純粋に琢磨のことを応援する人や”純日本”チームに想いを馳せる人も多いでしょうけれど、期待し過ぎは禁物。リタイアする度に「どうしたんですか」「何があったんですか」なんて事を監督に向かって無神経に聞いちゃうと、そのうちに「でんきけい」って言い始めちゃいますョ。

 あの「世界のTOYOTA」でさえも結果を出すのに4年かかってるんです(05年のチームランキングは4位)。プライベートチームがポイントを獲得するのは、かなり難しいと思います。おそらく、マシンの性能は去年のJORDANやMINARDIより下でしょう。

 お願いですから、半年後には手のひらを返したようにバッシングをするようなまねはしないで下さい。そして亜久里や琢磨だけでなく、これから決まるであろう2ndドライバーのことも応援してあげて下さい。

「底辺拡大を」 鈴木亜久里氏が会見、F1参戦承認で

チームアグリ「青」シグナル…FIAが正式承認
posted by ちゅう at 01:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

東京ヤクルトスワローズ!?

pm.jpg  古田PM効果が早くも現れてますね。 これからは球団名に地域名をいれるのは当然のことになるでしょう。まぁ、某G軍は『日本ジャイアンツ』 とでも名乗ってもらいましょう。今年のMarines優勝パレードを見て、沿道で応援していた小さな子供たちを見ると、 つくづく『チームはファンと地元のもの』との思いが強くなりました。 神宮球場でも選手が出てくるところで子供たちがサインをねだっている姿をよく見かけます。どうか、 彼らの夢を壊すようなことだけはやめてください。くだらない大人の金儲けに子供を巻き込まないでください。古田PMボビー、 そして選手の皆さん、来シーズンもファンや地元のために頑張ってください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ヤクルト 来季から球団名に「東京」  ヤクルトが来季から球団名に地域名「東京」を入れることを決めたことが14日、分かった。19日に開かれる実行委員会で球団名の変更を正式に申請する。「東京」の名が入るのは前身の国鉄時代も含め球団史上初。地域密着型を目指す球団改革の一環で、ファンサービス企画「F―PROJECT」を推進する古田敦也監督(40)も実行委での承認を期待した。  1950年に東京を本拠地として前身の「国鉄スワローズ」が誕生してから56年。「東京」の名称を名乗るのは球団史上初めてとなる。成田空港の出発ロビー。初の名球会総会に出発する前、古田監督は熱い期待を込めてこう言った。  「(実行委で)承認されるといいですね。大都市にはどこでもチームがありますから」  実行委が行われるのは19日。自身は海の向こうから正式な承認を願うことになる。球団名に「東京」を入れるのは、就任時からの念願だっただけに無理はない。自ら推進する「F―PROJECT」は地域密着型チームが最大のテーマ。球団内には企業名もなくし「東京スワローズ」への変更を推す声もある。いずれにしろ、球団名に地域名を入れるのはこれ以上ない改革。来季から一新を検討しているユニホームにも「TOKYO」が入ることになる。  かつて国鉄時代の60年代は、球団名にこそ「東京」はなかったが、ユニホームの胸には「TOKYO」の文字が躍っていた。65年にサンケイ新聞社へ球団の経営権が譲渡されると同時に「TOKYO」は消滅。70年にヤクルトとなってからも復活はしなかった。この背景には、ヤクルト製品が全国規模で販売されていることから、本社が特定の地域名を入れることに難色を示していたと言われている。だが、古田監督の就任に伴って地域密着型チームへの変身を目指すことを球団、本社とも確認。今回の球団名の変更は堀澄也オーナーの了承を得てGOサインが出されている。  実行委での承認は、4分の3(9球団)の賛成が必要。また、巨人も同じ東京を本拠地としていることから、同じ地域の2球団が同一地域名を名乗ることになった場合の是非が議論されることも予想される。これについても古田監督は「巨人には(今も“東京”が)ついてましたっけ?でも、2チームが(同一の地域名を)つけてもいいと思いますよ」。昨年、球界再編問題に立ち向かった前労組選手会長は、地域密着こそがこれからの球界に最も必要であることを知っている。  球団名に「東京」がつくのは、68年の東京オリオンズ(現ロッテ)以来38年ぶりだ。来季のヤクルトは「東京」を前面に押し出してシーズンに臨むことになる。 −−−−−−−−−−−−−−−−Sponiti Annexより
posted by ちゅう at 21:54| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ソフトバンク和田投手、タレントの仲根かすみさんと結婚!

wada.jpg いやぁ〜、驚きましたね。
ソフトバンクファンや仲根かすみさんファンの間では周知の事実だったんでしょうか?
9日に写真集を出したばかりの仲根かすみさんですが、「水着になるのは、この写真集で卒業します。私の“ラスト”を受け取ってください」とコメントしていたそうですが、こういう事だったんですね。
この二人、まさに「きっかけはフジテレビ」だったみたいで、また浜ちゃんからつっこまれることでしょう!
それにしても、羨ましい限りですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ソフトバンクの和田、仲根かすみと結婚

 ソフトバンクの和田毅投手(24)とタレントの仲根かすみ(23)が電撃結婚したことが10日、明らかになった。この日、福岡市内の区役所に婚姻届を提出。球界を代表する松坂世代の左腕エースとグラビアアイドルの“ビッグカップル”が誕生した。

 関係者によると、和田と仲根は昨年7月にフジテレビのスポーツ番組「すぽると!」での共演をきっかけに交際を開始したという。その後は福岡と東京の遠距離恋愛が続いたが、メールや電話のやりとりで愛を深めた。シーズン中はもとより、プレーオフ期間中にも仲根が福岡を訪れており、福岡空港では仲根の姿が何度も目撃されていた。

 昨年末、ソフトバンクの担当記者と開催した忘年会の席で和田も「付き合っている人はいますよ。誰かは内証ですけど、名前を聞いたらみんな絶対知ってますよ」と、周囲には彼女の存在をほのめかしていた。

 和田は02年の自由獲得枠で早大からダイエー(現ソフトバンク)に入団。新人イヤーの03年に14勝を挙げ新人王を獲得。04年はアテネ五輪の日本代表として活躍、今季も12勝を挙げるなど3年連続の2ケタ勝利をマーク。松坂世代のイケメン左腕として、若い女性ファンの人気も高かった。

kasumi.jpg 仲根は、今月9日にラスト水着写真集「SHIZUKU 雫」を発売し、東京・銀座の福家書店で記念イベントを開催したばかり。「水着はこれで卒業します。私の“ラスト”を受け取ってください」と意味深なコメントを残していた。

 仲根の趣味は料理で特に和食が得意。結婚を機に引退し和田をサポートしていく。2人は11日に福岡市内のホテルでそろって記者会見を行い、ファンに報告する。

 ▼ソフトバンク和田 付き合ったときからこうなると思っていました。結婚後は彼女は仕事を辞める予定です。

 ◆和田 毅(わだ・つよし)1981年(昭56)2月21日、愛知県生まれの24歳。浜田―早大を経て02年に自由獲得枠でダイエー(現ソフトバンク)入り。大学では早大左腕最多の通算27勝を挙げ、また六大学での江川(法大=元巨人)の奪三振記録を25年ぶりに破る通算476奪三振を記録した。今季は12勝8敗で入団以降3年連続2ケタ勝利をマーク。左投げ左打ち。1メートル79、74キロ。今季年俸は9500万円。

 ◆仲根 かすみ(なかね・かすみ)1982年(昭57)4月3日、東京都生まれの23歳。96年から雑誌のグラビアアイドルとして活躍。98年にテレビドラマ「美少女H」に出演し、02年にはNHK教育「フランス語会話」でレギュラーを務める。03年、フジテレビのスポーツ番組「すぽると!」に出演。主な出演作にドラマ「ナオミ」「悪い女」、映画「八月の幻」など。身長1メートル64、スリーサイズはB87・W56・H86。血液型A。

−−−−−−−−−−−−−−−sponichi Annexより

posted by ちゅう at 08:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

二段モーションで得をするのは?

bb-051104-1.jpg3日、静岡県草薙球場で2年振りに行われたパ・リーグ東西対抗は9−8という打撃戦の末、西軍が逆転勝ちを収めた。負けてしまったものの東軍の今江・西岡両選手が合計3発6打点と大活躍。またバレンタイン監督がホームラン競争で捕手を務めたりとロッテ勢が相変わらずの勢いを見せ付けていた。
しかし、一方で松坂・渡辺というプレーオフ1stステージ第1戦と同じ先発だったのにもかかわらず、初回から乱打戦になってしまった原因は何処にあるのだろうか?。レギュラーシーズンが終わってしまったとはいえ、各チームとも秋季キャンプを終えたばかりだし、特にロッテの投手は日本シリーズが終わって1週間程であるのに加えて、10日からはアジアシリーズも控えているので「久々だから」などとは言ってられない。では何故だろうか?。そこに見え隠れしていたのが、来期から実施される「二段モーションの禁止」である。来年のキャンプ開始までは各投手とも実戦で投げることは無く、今回の東西対抗が恰好の”新”フォーム実験の場となってしまったのだ。結果はいうまでも無く惨憺たるもので、各選手共「選手会として何らかの対応を」とコメントしている。
さて、これだけ球界を騒がせている「二段モーション禁止」
に対し沈黙を続けている人物がいる。そう ”ナ○ツ○” だ。秋季キャンプにおけるジ○イ○ン○選手の二段モーションの指導の緩さからしてもわかる。つまり、ジ○イ○ン○と対戦するチームの投手は”ボーク”の連発でまともな投球ができず自滅してしまう。逆にジ○イ○ン○の投手は今シーズン同様に投げることができるので、のびのびと投げることができる。その結果、強いジ○イ○ン○が復活し、球界の盟主の座を取り戻すことができる...と考えているのだろう。
そんなことをすればファンはまた遠のいていくだけなのに・・・。
posted by ちゅう at 22:02| Comment(8) | TrackBack(2) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

いい話・やな話

032[1].jpg
ロッテに4連敗を喫してしまい、
マリスタでは逮捕者まで出してしまった阪神ファンですが、
第1戦でロッテの今江選手(写真)の打ったホームランを試合後届けにきた
とても紳士的な阪神ファンがいたそうで、
今江選手は痛く喜んでいたとのこと。

流石!エライexclamation×2


一方、2年連続のリーグチャンピオンを逃した
ドラゴンズの落合監督が、「ロッテは日本一じゃなく
プレーオフチャンピオンだ」
と言っているらしい。

事の真偽は別にしても、ちょっと寂しい発言。

posted by ちゅう at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Base Ball・Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。